抗うつ剤の情報を確認【適切な薬を継続して使用することが可能】

男性
  1. ホーム
  2. うつをしっかり治すなら

うつをしっかり治すなら

薬

薬についてまずは知る

現代を生きる人にとって、誰しも直面する問題となりつつあるのがうつです。昨日まで健康だった人でも突然発症することがあり、完治するまで非常に長い期間を要します。そのため抗うつ剤を始めとする投薬治療も行っていく必要がありますが、中にはよくわからないなどの理由から二の足を踏む人も少なくありません。そのためまずは抗うつ剤がどのような特徴を持つのかについて知っておかねばなりません。抗うつ剤と一言で言っても、実はその種類は通常の薬と同じく多岐にわたります。うつの種類や症状が様々なため、それに合わせる形で薬の種類も豊富になったとされています。但し基本的な効能は同じで、うつの患者の多くが脳内物質であるモノアミンが減少していることがあり、薬を使うことでモノアミンの分泌量を増加させ、治療や症状の改善を行います。またその他にも減少することで不安や落ち込みの原因となるセロトニン、気力や意欲のノルアドレナリン、興味や楽しみのドーパミンと言った様々な脳内物質も同じくうつとなると減少します。そのため、症状に合わせて複数の薬を併用することでうつ病の治療につなげています。基本的に効果が高かったり希少性の高かったりする薬は価格が高く、治療に際して多額の費用が必要なこともありましたが、最近ではジェネリック医薬品も多く使用されており、患者の金銭的負担も小さくなりつつあります。ただし服用に関しては非常に多くの注意点があり、食品や他の治療薬との併用、服用する状態、更には服用する時間などについても細かく指定されていることがあり、医師の支持に従って適切に服用することが重要です。前述の通り交通剤の費用は一般的な薬に比べると高額な物が多いです。現在治療に際してメジャーとされている抗うつ剤の薬価は、最大でおおよそ1万2千円とされており、保険を利用して3割負担だと約4千円程度がかかります。これは最も多い場合ですが、多くの場合で薬が一種類で済むことは少なく、医師の診断やカウンセリングなども合わせて利用することで、非常に多くの金銭的負担が発生します。どうしても金銭的負担が大きくなると聞くと躊躇する人もいますが、うつは放置しておいて改善されることはなく、早めに治療を行うことで結果的に金銭負担が抑えられる場合もあります。特に現在メジャーとされている抗うつ剤は副作用なども比較的小さく、評判も上々なため、早めに服用を始めることが最適です。ジェネリック医薬品は薬価が6割程度に設定されている事が多く、それらも併用することで劇的に金銭負担を抑えられることもあります。更に健康保険に加入していれば高額療養費制度が利用でき、一般的に一ヶ月に約8万円を超えた医療費については負担をしなくとも良くなる制度が利用できます。ただしこちらの条件に関しては細かく設定されていることもあるため、事前に病院や市町村の窓口、社会保険であれば年金事務所などで事前に相談しておくのも一つの手です。また確定申告によって医療費控除が利用できることがあります。日頃年末調整のみのサラリーマンでも申告を行うことで、場合によっては所得税が還付されることがあります。おおよその目安は年間に利用した医療費が10万円を超えた場合ですが、所得によって変動するため、こちらも税務署等で確認を行うことをお勧めします。