抗うつ剤の情報を確認【適切な薬を継続して使用することが可能】

医療

薬でうつ病を治療しよう

ナース

副作用によるリスクも知る

抗うつ剤を利用するということであれば、きちんと種類や特徴などを知っておくということも大事です。なぜなら、現在では抗うつ剤の種類が豊富となっていることから、適切な治療薬を使用するということが改善させていくという意味でも重要なポイントとなっています。例えば、三環系抗うつ剤や四環系、セロトニン取り込み阻害薬などです。三環系の薬は、効果性が高く副作用も強いとされています。そのため、現在ではあまり使用されることがない薬です。ただ、難治性のうつ病などに使用されることはあります。四環系は、効果が薄く安眠効果が強いという特徴となっています。そのため、睡眠障害などに悩んでいる人に処方されている薬です。効果が出るまでも早いということかに重宝されています。ただ、改善効果が弱いということからそこまで広く使用されている薬ではないという部分などもあります。もっともよく使用されている薬は、セロトニン取り込み阻害薬です。効果もあり副作用も少ない薬となっています。こうした薬の中には、うつ症状の改善や安眠効果が高い薬などもたくさんあります。患者さんの状態によって、処方していくという形になっていることから多くの薬を使い分けている病院や医師の方が治癒効果は高いと言えます。スルピリドのように即効性が高い薬などもあるということから、深刻な場合などはスルピリドが処方されることもあります。ただ、スルピリドは副作用も指摘されていることから慎重に処方しているということが現状となっています。薬の知識を患者が持っていることも大事です。抗うつ剤を使用するということであれば、注意するべきポイントがあります。抗うつ剤は、即効性が高いという薬ではないのでゆっくりと効果が出るタイプのものが多いです。そのため、すぐに効果が出ないということで使用を中止してしまうということが無いようにすることが大事です。また、使用してまだそんなに時間が経過していないという場合には色々な症状が出ることもあります。こうした時間は、体がなれるまでの試用期間と言われています。また、あまりに副作用が出るという場合には相談して違う薬に変えてもらうということも大切です。まれに、躁状態となる患者さんもいるということから、そうした場合には客観的な情報を家族などが医師に伝えて治療方針の見直しなどを行っていくことが必要となっています。医師にとっても、そうした情報を提供してもらうことが出来るということは正しい判断を行っていく上でとても大きなプラス材料となっていきます。副作用は飲み始めがもっともひどく、段々とおさまっていくという傾向があります。きちんと理解しておくことで、適切な薬を継続して使用することが可能となっています。服用した後の変化に対して敏感となるということも重要です。どんな変化があるのかということによって、処方される薬や治療方針なども大きく変化していくことになります。体質に合わない薬もあるということから、重篤な状態となってしまう前に相談して中止することも大事です。効果が高いとされている薬は、その分副作用も強力なものが多くあるので注意が必要となります。

うつをしっかり治すなら

薬

抗うつ剤は適切に利用することで効果的にうつの治療を行うことができます。一般的な薬に比べると高額になることが多いですが、その分効果は高く、服用することでうつの早期改善を行うことも可能です。高額療養費制度や医療費控除を活用するのもお勧めします。

うつ病に関する医院選び

薬

風邪などを引いた際に薬を飲むことには多くの方が抵抗を示しませんが、うつ病で薬を飲むことにはまだまだ認識が進んでいないこともあります。うつ病も病であるため、適切な抗うつ剤の処方が非常に重要となっています。

うつ病は薬で治せるのか

聴診器

抗うつ剤は副作用を抑えるために、少量から服用を始めて少しずつ増量していく必要があります。そのため最初のうちは効果が感じられないこともありますが、途中で服用を中止したり薬の種類を変えたりしないことが大切です。